エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 飛騨高山まちの博物館 > 展示案内 > 町人の暮らし


ここから本文です。

町人の暮らし

ページ番号 T1001031  更新日  平成27年2月24日

印刷 大きな文字で印刷

町人の道具の写真

高山は飛騨の物流の拠点として栄えました。高山の町家は店舗兼用住宅で、多くの町人が商売をしながら住んでいました。様々な職種があるということは、都市としての大きな特徴です。薬屋は薬を、菓子屋は菓子を作るためのそれぞれ特徴のある道具を使っていました。

この展示室では様々な商売で使われた町人の道具や、食器、灯りの道具、おしゃれの道具、宴会の道具など、様々な工夫をこらした日常生活の道具も展示しています。

このページに関するお問い合わせ

飛騨高山まちの博物館
電話:0577-32-1205 ファクス:0577-35-1970
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る