エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 飛騨高山まちの博物館 > 展示案内 > 美術


ここから本文です。

美術

ページ番号 T1001029  更新日  平成27年2月24日

印刷 大きな文字で印刷

土田雪鴻画「花鳥図」

飛騨は、風光明媚な土地として知られており、江戸時代後期には、浦上玉堂などの画家が当地へ訪れ、優れた芸術が持ち込まれました。また津野滄洲、二木長嘯など裕福な町人は町人画家として活躍しました。幕末から明治初めにかけ、垣内右リン・雲リンなどの京都方面で学んだ四条派の画家の盛んな活動もあり、飛騨の絵画はその全盛期を迎えました。飛騨版画や、錦絵に描かれた飛騨の様子も紹介し、飛騨の美術の系譜をたどります。

このページに関するお問い合わせ

飛騨高山まちの博物館
電話:0577-32-1205 ファクス:0577-35-1970
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る