エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 飛騨高山まちの博物館 > 展示案内 > 金森氏六代


ここから本文です。

金森氏六代

ページ番号 T1001027  更新日  平成27年2月24日

印刷 大きな文字で印刷

金森氏の肖像画

金森氏は、天正14年(1586年)に戦国時代の武将である金森長近が飛騨の国主となって、江戸時代の元禄5年(1692年)まで、6代107年にわたって飛騨国を治めました。今日の高山の基礎は、街道の整備、山林・鉱山の開発、産業や文化の振興に力を入れ、善政により豊かな国づくりを進めた金森氏の業績によります。その金森氏の肖像画や遺品、書状や絵図など活躍の足跡を示す資料から、高山市の都市形成の祖である金森氏の歴史をたどります。

このページに関するお問い合わせ

飛騨高山まちの博物館
電話:0577-32-1205 ファクス:0577-35-1970
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る