エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 飛騨高山まちの博物館 > 展示案内 > 高山祭


ここから本文です。

高山祭

ページ番号 T1001023  更新日  平成27年2月24日

印刷 大きな文字で印刷

高山祭の写真

高山祭とは春の山王祭、秋の八幡祭の二つの祭礼をさしています。起源は17世紀半ばの金森時代頃からといわれ、当時3年に一度3月頃に行われたとの記録があります。高山祭の特徴は、江戸と京都の文化の融合によって文化・文政時代(1804年から1830年)頃に高山独自の形式が整った、絢爛豪華な屋台にあります。

ここでは、彫刻、漆塗り、金具など工芸の集大成で飛騨の文化の結晶である屋台と、屋台を造り守ってきた人々について紹介します。

このページに関するお問い合わせ

飛騨高山まちの博物館
電話:0577-32-1205 ファクス:0577-35-1970
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る