エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > くらしの情報 > 人権・市民協働 > 人権 > 人権の花運動について


ここから本文です。

人権の花運動について

ページ番号 T1005559  更新日  平成27年3月17日

印刷 大きな文字で印刷

平成26年度人権推進校による人権の花運動について

人権推進校について

人権推進校指定書交付式の様子

人権推進校は、次代を担う子どもたちと、家庭及び地域社会に、基本的人権の擁護と人権尊重の理念に対する理解を深めてもらうことを目的に、岐阜地方法務局及び岐阜県人権擁護委員連合会により指定するもので、「人権の花運動」を中心に人権推進に取り組んでいただきます。
平成26年度は、岐阜県内では7校(岐阜地方法務局本局と6支局管内で各1校)が指定され、高山管内では岩滝小学校が指定されました。
岩滝小学校では、人権の花運動のほか、高山人権擁護委員協議会によるペープサートを通じた人権学習などに取り組みました。

人権推進校の行事

  • 人権推進校指定書交付式(平成26年4月21日)
    岐阜地方法務局高山支局長より人権推進校指定書が手渡されました。
    児童代表からは「だれにでも優しく接することができるよう、花と思いやりの心を大切に育てたい」とあいさつがありました。
    指定書交付式終了後は、人権花植え集会が行われました。
  • 人権推進校感謝状交付式(平成27年3月9日)
    人権擁護委員より、人権推進校感謝状が手渡されました。
    児童代表からは、「相手を思いやるとはどんなことか考え、生活のいろんな所で相手を思いやることを意識したことで、これまでより良い生活ができるようになりました。これからも全校が楽しく過ごせるようにしていきたいです」とあいさつがありました。

人権の花運動について

花植え集会でのひまわりのたねまきの様子

 「人権の花運動」は、花の種子などを児童が協力しながら育成することを通じ、協力や感謝することの大切さを学ぶとともに、やさしい思いやりの心を体得させ人権思想をはぐくむことを目的としています。

岩滝小学校での取組み紹介

  • 人権花植え集会(平成26年4月21日)
    前年度人権推進校の下呂市立竹原小学校から「命のリレー」として引き継いだヒマワリの種を、全校児童20人全員でプランターに蒔きました。
    ヒマワリは全員で世話をし、6月には畑へ植え替えしました。大きく成長し、立派な花を咲かせました。

ひまわりのプランターから畑への植え替え作業の様子

畑のヒマワリに水やりをする様子

立派に花開いたひまわり


運動会の日に地域のお年寄りへ花の鉢を贈呈する様子

  • 地域のお年寄りへ花の鉢の贈呈(平成26年9月7日)
    日頃お世話になっている地域のお年寄りに全校児童20人がメッセージを付けて一人ずつ花(ベゴニア)の鉢をプレゼントしました。運動会のプログラムの一つとして行なわれました。

花壇にビオラの花の苗を植え付けする様子

  • ビオラの苗の植えつけ(平成26年11月5日)
    花壇にビオラの苗を植えました。

  • ヒマワリの種の引継ぎ(平成27年3月9日)
    この日行われた「人権推進校感謝状交付式」において、今年育てたヒマワリの種を人権擁護委員に引き継ぎました。この種は来年度の人権推進校に渡されます。
    (ヒマワリの種に添えられたメッセージより)
    「私達は、人権の花を育てながら、思いやりの心をそだてることができました。花をそだてているときは、みんな笑顔になりました」
    また、同日、高山市議会議場において全校児童による合唱を披露しました。3曲を歌った後、議長へヒマワリの種を贈りました。

人権擁護委員から児童へ感謝状を手渡し

人権擁護委員へヒマワリの種を引き継ぎ

議場で議長へヒマワリの種を渡す

このページに関するお問い合わせ

市民活動部 協働推進課
電話:0577-35-3412 ファクス:0577-35-3414
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る