エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > くらしの情報 > ごみ・リサイクル・環境 > 環境 > 自然保護・生物多様性 > 乗鞍山麓五色ヶ原の森


ここから本文です。

乗鞍山麓五色ヶ原の森

ページ番号 T1001310  更新日  平成27年2月15日

印刷 大きな文字で印刷

乗鞍山麓五色ヶ原の森は、約20万年前頃から活動を始めた乗鞍火山体の溶岩流により基盤が形成され、柱状節理(ちゅうじょうせつり)の岩壁、多くの滝、渓流、池や湿原など、多様な自然環境を舞台に、複雑で壮大な自然が育まれており、動植物を間近で観察することができます。

市ではこの豊かな自然を、自然環境学習の拠点として、子どもたちをはじめとした多くの方々の学習の場として活用していただけることを期待しております 。

広大な3,000ヘクタールの森林地帯に、人ひとりが通れるだけの幅の歩道を整備し、最小限の避難小屋も設置しています。小屋のトイレはバイオトイレで、その電源には近くの沢の水を使った小型水力発電を用いています。

五色ヶ原の森を歩くルートは2つあります。豪快にしぶきを上げる多様な滝と、沢沿いの広葉樹林を観察する「カモシカコース」と、シラビソに代表される針葉樹の森と点在する池、滝を観察する「シラビソコース」です。

五色ヶ原の森とその入山に関するお問い合わせは、五色ヶ原の森案内センター(電話:0577-79-2280)までお願いします。

このページに関するお問い合わせ

環境政策部 環境政策推進課
電話:0577-35-3533 ファクス:0577-35-3169
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る