エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > くらしの情報 > ごみ・リサイクル・環境 > リサイクル > 家電リサイクル法


ここから本文です。

家電リサイクル法

ページ番号 T1001249  更新日  平成29年6月1日

印刷 大きな文字で印刷

高山市では、ブラウン管テレビ・液晶テレビ・プラズマテレビ・エアコン・冷蔵、冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機は収集・処理できません。
平成13年4月1日から、廃家電製品の部品や素材を再び製品化することを定めた「家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)」が施行され、平成21年4月1日から対象品目が上記のとおりとなりました。
この法律によって、家電製品の部品、原材料などのリサイクルを進め、廃棄物の量を減らし、限りある資源の有効利用を図っています。
市民の皆様も、制度の趣旨を理解いただき、住みよい環境を次の世代に残すため、ぜひ、ご協力ください。
なお、不明な点がありましたら、最寄の家電販売店、高山市生活環境課、高山市資源リサイクルセンターまたは各支所へおたずねください。
家電リサイクル法について、詳しくは下記の一般財団法人 家電製品協会 家電リサイクル券センターのホームページをご覧ください。

家電リサイクル法で取り扱い方法がどのように変わるの?

法律の施行により、次のような取り扱いになります。廃家電製品は、最終的に製造業者が再商品化することになります。

  • 消費者:使えなくなった家電製品を販売店等に引き渡す
  • 販売店等:消費者から引き取った家電製品を製造業者に引き渡す
  • 製造業者:新しい製品の原料や部品として再商品化する

廃家電製品は、どこで引き取ってもらえるの?

その製品を販売した店、または、買い替えのときに同じ種類の家電製品を販売する店が引き取ります。
なお、一般廃棄物収集運搬許可業者に引き取りを依頼する方法もあります。 また、消費者自ら郵便局でリサイクル券を購入(事前にメーカー・テレビのインチ数・冷蔵、冷凍庫の容量を確認しておいてください)し、指定引き取り場所まで運搬していただくこともできます。

販売店は無料で引き取るの?

いいえ。
製造業者が廃家電製品を再商品化するため、その費用を「リサイクル料金」として、消費者が負担していただくことになっています。

料金はいくらで、どのくらいかかるの?

リサイクル料金は、製造業者において1台あたり次のように決められています(消費税込)。

  • ブラウン管テレビ:1,296円から3,634円+収集運搬料金
  • 液晶テレビ:1,836円から3,688円+収集運搬料金
  • プラズマテレビ:1,836円から3,688円+収集運搬料金
  • エアコン:972円から9,720円+収集運搬料金
  • 冷蔵(冷凍)庫:3,672円から6,037円+収集運搬料金
  • 洗濯機:2,484円から3,202円+収集運搬料金
  • 衣類乾燥機:2,484円から3,202円+収集運搬料金

全ての家電製品が対象になるの?

違います。
この法律の対象になるのは、家庭用として製造・販売された「ブラウン管テレビ」「液晶テレビ」「プラズマテレビ」「エアコン」「冷蔵、冷凍庫」「洗濯機」「衣類乾燥機」です。

集められた廃家電製品はどのようにリサイクルされるの?

製造業者がガラス、金属、プラスチックなどを回収し、原材料として再生利用します。

このページに関するお問い合わせ

環境政策部 生活環境課
電話:0577-35-3138 ファクス:0577-35-3169
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る