エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > くらしの情報 > 住まい・生活 > ペット・動物愛護 > ペットの災害対策


ここから本文です。

ペットの災害対策

ページ番号 T1005374  更新日  平成27年3月2日

印刷 大きな文字で印刷

今から始めましょう!ペットの災害対策

~普段からの準備が大切~

災害時に大切なパートナーを守れるのは飼主しかいません。
ペットは習性や配慮すべき点がそれぞれ違い、飼主にしか分からない事もたくさんあります。
普段の生活から次の点について慣らしておくことや、準備しておくことが大切です。

 

  • 2週間から4週間分の餌・水・排せつ手段の確保(緊急時支援は人が優先のため、長期の準備が必要)
  • 常備薬
  • キャリーバックやケージ、リードに慣れさせる(ケージでの食事や排せつの習慣)
  • 習性の十分な理解(ケージを布で覆って落ち着かせるなど)
  • 避難ルート、避難場所の確認(車など避難所に入れないことを想定した準備)
  • 迷子札やマイクロチップの装着
  • 近隣・避難先となる親類知人との連携

 

普段と違うストレスは、病気や事故を誘発します。ペットのストレスの軽減は人にとっても大切であり、普段からの習慣やしつけなど十分な配慮が必要となります。

大切な家族の一員のことですので、今から準備しておきましょう。

 

このページに関するお問い合わせ

市民保健部 健康推進課
電話:0577-35-3160 ファクス:0577-35-3173
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る