エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > くらしの情報 > 生涯学習・文化・スポーツ > 生涯学習 > 飛騨高山文化芸術祭 > 第2回飛騨高山文化芸術祭こだま~れ2016 > 木と文化の殿堂 日下部民藝館でみる 吉田玉男 文楽の世界(7/15)


ここから本文です。

木と文化の殿堂 日下部民藝館でみる 吉田玉男 文楽の世界(7/15)

ページ番号 T1007480  更新日  平成28年6月21日

印刷 大きな文字で印刷

イベントカテゴリ: 文化・芸術

日下部民藝館開館50周年記念「木と文化の殿堂 日下部民藝館でみる 吉田玉男 文楽の世界」

人形浄瑠璃文楽

江戸時代より大阪の活気ある町人文化を背景に、庶民の娯楽、遊芸として親しまれてきた文楽。太夫、三味線、人形が三位一体となって創り上げる総合芸術といわれ、能楽や狂言、歌舞伎とともに我が国を代表する伝統芸能です。

今回ご出演いただきますのは、昨年、襲名されたばかりの文楽界で今最も注目されている文楽人形遣いの名跡2代目吉田玉男さんです。また、日下部民藝館開館50年のお祝いに、舞踏家 谷口裕和さんも特別出演してくださり、舞台を一層華やかに彩ってくださいます。

初夏のひと夜、世界で最も高度な人形芝居、文楽の魅力を感じてください。

 

チラシ

日付

平成28年7月15日金曜日

開催時間

終日開催

昼の部 午後2時開演(午後1時開場) 
夜の部 午後7時開演(午後5時30分開場)

対象

どなたでも、市民、子育て中・妊娠中、小学生、中学生、高校生、高齢者、親子、障害のある方
未就学児は入場できません

開催場所

日下部民藝館(大新町1-52)

内容

今年で開館50周年を迎える日下部民藝館が記念事業の一環として人形浄瑠璃文楽の公演を催します。出演は二代目「吉田玉男」他(特別出演 舞踏家 谷口裕和)

種目

人形浄瑠璃

主催

日下部民藝館

費用

必要
昼の部 5千円(茶菓子付)
夜の部 8千円(お弁当付)

申し込み締め切り日

平成28年7月14日木曜日

申し込みは終了しました。

申し込み

必要
チケット取扱所 日下部民藝館
電話 0577-32-0072
携帯 090-4861-7023
ファクス 0577-36-0288

問い合わせ

日下部民藝館
電話 0577-32-0072
携帯 090-4861-7023
ファクス 0577-36-0288

イベント情報をGoogleカレンダーまたはiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

このページに関するお問い合わせ

市民活動部 生涯学習課
電話:0577-35-3155 ファクス:0577-35-3414
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る