エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > くらしの情報 > 生涯学習・文化・スポーツ > 生涯学習 > 飛騨高山文化芸術祭 > 第2回飛騨高山文化芸術祭こだま~れ2016 > 根付展覧会(6月24日から7月3日終了)


ここから本文です。

根付展覧会(6月24日から7月3日終了)

ページ番号 T1007357  更新日  平成29年3月15日

印刷 大きな文字で印刷

イベントカテゴリ: 文化・芸術

多数のご来場ありがとうございました

根付展覧会が、去る6月24日から7月3日にかけて、飛騨高山まちの博物館にて開催され ました。多くの皆様にご来場いただき、誠にありがとうございました。

根付展開催

 飛騨高山が世界に誇る一位一刀彫(国指定伝統的工芸品)のルーツとなっている根付の展覧会を開催します。

 本展では、市民や愛好家が所蔵する亮派作品のうち、江戸時代から近代にかけてつくられた古根付を中心に展示します。また、キミコ・サイドさん(デンバー高山姉妹都市委員会名誉委員長・国際親善特別来賓)所有の根付も展示します。

 

根付画像

根付とは

 根付は、印籠や煙草入れなどの提げ物を帯と腰の間にはさんで吊るす時につけた滑り止めのための留め具です。もともと印籠や煙草入れとともに富裕層の間で珍重されていましたが、喫煙の風習が広まるとともに根付も需要を増し、多くの名人作家が各地から輩出されるようになりました。

 この飛騨においても江戸に出た平田亮朝をはじめ、彼に弟子入りしたとされる江黒亮春、中村亮芳、松田亮長が大いに活躍しました。3人の弟子は、いずれも高山に戻って身を立て、やがて彼らの技を受け継いだ名工たちは「亮派」と呼ばれるようになりました。

 その卓越した技は、飛騨高山を代表する工芸品である一位一刀彫(国指定伝統的工芸品)の起源といわれ、今日の飛騨の匠に受け継がれています。

 

使用の例

日付

平成28年6月24日金曜日から 7月3日日曜日

開催時間

午前9時00分 から 午後7時00分 まで

対象

どなたでも

開催場所

飛騨高山まちの博物館(高山市上一之町75)

費用

不要

申し込み

不要

問い合わせ

飛騨高山文化芸術祭実行委員会事務局(高山市生涯学習課内)

電話0577-35-3155

イベント情報をGoogleカレンダーまたはiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

このページに関するお問い合わせ

市民活動部 生涯学習課
電話:0577-35-3155 ファクス:0577-35-3414
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る