エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > くらしの情報 > 教育・学校 > 小中学校 > 小学校一覧 > 本郷小学校


ここから本文です。

本郷小学校

ページ番号 T1000779  更新日  平成29年6月23日

印刷 大きな文字で印刷

写真:本郷小学校校舎

教育目標

ふるさとを愛する心豊かなたくましい子
考え話す子 助け合いやりぬく子 やさしく元気な子

校章

本郷小学校校章

校章の由来

昔から、本校の児童は「はちの子」と呼ばれています。おそらく、みつばちは知恵を出し合い、仲間と力を合わせて、一生懸命働くことから、本郷の子どもたちもみつばちのように、かしこく、働きもので協力し合えるようにとシンボルとして語り継がれているのではないかと言われています。その願いどおり、本校の児童は、とても素直で元気、どんな活動にも前向きに一生懸命取り組むことができます。

学校長

宇野君恵

学校長あいさつ

 豊かな自然に囲まれた、伝統ある本郷小学校。今年は77人の「はちの子」達が、元気に学んでいます。学校の教育目標は、「ふるさとを愛する 心豊かな たくましい子」です。地域の宝である子ども達の健やかでたくましい育成をめざして、教育活動を進めていきます。

さて、本郷小には、『四つの宝』が伝統として引き継がれてきました。四つの宝とは、

  1. 元気なあいさつ
  2. ぴかぴか掃除
  3. あいの姿勢 (聴くときの約束)
  4. はちの子の姿勢 (話す時の約束) です。

 小学校は人としての土台を身につけるところです。この四つはどれも子ども達が将来生きていく上での力になるものであり、栃尾小学校とも連携して、北稜中学校へとつながる取組みを行っていきます。
伝統の四つの宝に加えて、「元気な合唱」も新たな宝にできるよう、全校で取り組んでいます。

 この本郷地域は、播隆上人が愛した笠ヶ岳を仰ぎ、江戸時代に生きた本郷村善九郎や大正時代の青年教師篠原無然が生きてきた地であり、その気風が独特の風土として残る素晴らしいところです。この地域に住む方々に愛され、見守られて本郷小学校の子ども達は学んでいます。今年度も、総合的な学習の時間に、各学年において地域の自然、文化、産業、人々の暮らしなどを学ぶ郷土教育に力を入れています。(ESD)
地域の皆さまの生き方から、地域の自然や歴史を学ぶ取り組みを通して、子どもたちが地域の先人の生き方に憧れを持つ中で、はちの子たちが、将来への夢を抱けるような本郷小学校にしていきたいと思います。

児童生徒数・学級数・職員数                (5月1日現在)

児童生徒数

77

学級数

7

職員数

18

学校経営全体構想

本郷小学校経営全体構図

本郷小学校経営全体構図下記PDFファイルをご覧ください

自己評価書

本郷小自己評価書画像

下記PDFファイルをご覧ください。

いじめ防止基本方針

いじめ防止基本方針をアップしました。下記PDFファイルをご覧ください。

本郷小学校施設情報

所在地

〒506-1313 高山市上宝町在家1642

電話

0578-86-2013

ファクス

0578-86-0013

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 学校教育課
電話:0577-35-3154 ファクス:0577-35-3172
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る