エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > くらしの情報 > 教育・学校 > 小中学校 > 小学校一覧 > 新宮小学校


ここから本文です。

新宮小学校

ページ番号 T1000768  更新日  平成29年6月23日

印刷 大きな文字で印刷

写真:新宮小学校校舎

教育目標

輝く子
進んで学ぶ子 共に歩む子 自ら鍛える子

校章

新宮小学校校章

校章の由来

明治41年、上枝村立上枝小学校が設立された際、上枝村の「上」という字の古代文字「★」を土台として、付近にある古墳群のイメージから、三本の古剣に見立てた校章が、初代今井雄校長によってデザインされました。
昭和25年、三枝小学校と新宮小学校に分かれ、この機に従来の形態をそこなうことなく、剣を学問の象徴のペンに取り替え、中央に「新」の一字を据えて、新校章と定めました。

学校長

平田誠

学校長あいさつ

始業式・入学式での校長の話

校長先生は二つの姿が大好きです。

  一つ目。話している人(相手)を大切にする気持ちで「目を見て最後まで話を聞く」

姿の子が大好きです。

  二つ目。「こんなことがんばるよ。こんなふうにやってみるよ」とめあてをもち、やり方を工夫して、最後までがまんしてやりぬく子が大好きです。新宮小学校にそういう姿の子がさらに増えると嬉しいです。

先生達ががんばることを三つお話しします。

一つ目。先生達は値打ちのあることや自分を伸ばそうと頑張っている子を一生懸命応援します。

二つ目。一生懸命がんばっている子のじゃまをしたり、悪口を言ったりする子には、全員の先生でその子を指導します。

三つ目。困った時には担任の先生はもちろん、どの先生でもいいので相談してくださ

い。相談されたら、すぐ解決できるようにがんばります。皆さんががんばるだけでなく先生たちも、三つのがんばることをやりぬきます。

 このような話をさせていただきました。大好きな二つの姿には、新宮小学校が大切にして取り組んでいる内容が含まれています。子どもたちに、最終的に身に付けなければならないのは、自ら考え判断し、がまんしてやりぬく力すなわち「ひとり歩きのできる力」。そして、仲間を大切にし、共に高まっていく力だととらえています。これらの力を学習の「聞く(聴く)・話す」場面と、生活の「あいさつ」をする場面を中心に、さらに高めていきたいと考えています。

児童生徒数・学級数・職員数・施設情報                   (5月1日現在)

児童生徒数

437

学級数

16

職員数

34

所在地

〒506-0035 高山市新宮町2635-2

電話

0577-32-1884

ファクス

0577-37-0617

学校経営全体構想

新宮小学校経営全体構想

下記PDFファイルをご覧ください。

自己評価書

新宮小自己評価書

下記PDFファイルをご覧ください。

いじめ防止基本方針

いじめ防止基本方針をアップしました。下記PDFファイルをご覧ください。

その他

写真:新宮小学校校舎春の様子

写真:新宮小学校校舎夏の様子


写真:新宮小学校校舎秋の様子

写真:新宮小学校校舎冬の様子

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 学校教育課
電話:0577-35-3154 ファクス:0577-35-3172
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る