エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > くらしの情報 > 教育・学校 > 小中学校 > 小学校一覧 > 北小学校


ここから本文です。

北小学校

ページ番号 T1000765  更新日  平成29年6月23日

印刷 大きな文字で印刷

写真:北小学校校舎

教育目標

心ゆたかに たくましく生きる子

校章

北小学校校章

校章の由来

明治の中ごろ、今の高山市は高山町、大名田(おおなだ)村、灘村、上枝(ほずえ)村、大八賀(おおはちが)村に分かれていました。この北小学校は灘村にあり、「灘尋常高等小学校」という学校名でした。
大正15年、この灘村は高山町と合併しました。そして、北小学校も「高山町北尋常高等小学校」と名前が変わりました。
昭和9年、今の北小学校の校章ができました。
当時、この学校に勤めて見えた笠井徳松校長先生と、原田昿(ひろし)先生とが中心になり、9人の先生方が考えを出し合いこの校章を生み出されました。
この校章は、「北」という字を図案化したものです。

学校長

殿垣隆市

学校長あいさつ

北小学校では、中学校に進んでからの自分磨き(自分の目指す進路に向かって自分自身を鍛える活動)に耐えることのできる力をつけていこうと考えています。その力とは、各学年でつけなくてはいけない学力はもとより、自分が得意だとか不得意だからとか、好きだとか嫌いだからとかにかかわらず、やらなくてはいけないことに真面目に向かっていくことのできる力だと思っています。そして、この力を『授業』を通してつけていこうと考えています。

北小学校で大切にしている授業は、子ども同士がかかわりあいながら学ぶ授業です。そこで子どもたちは、『(つなげて)話せる子』を合言葉に、自分の考えを相手に向かって話すとともに、仲間の発言にもしっかりと耳を傾け、それに反応していこうと授業に向かっています。

こうした授業ができるように、まず我々職員は、学級内において安心して間違えることのできるような人間関係づくりを大切にしています。

 また北小学校には、児童会の宝として引き継がれてきた、 『あいさつ』『そうじ』『発表』『仲間』という4つの宝があります。子どもたちの合言葉である『(つなげて)話せる子』とともにこの4つの宝を本物の姿にすることを通し、中学校での自分磨きに耐えることのできる力を全職員がスクラムを組んで子どもたちにつけていきたいと取り組んでいきます。

学校経営全体構想

北小学校経営全体構想図

北小学校経営全体構想下記PDFファイルをご覧ください。

児童生徒数・学級数・職員数                         5月1日現在

児童生徒数

691

学級数

25

職員数

47

北小児童会4つの宝:あいさつ・そうじ・はっぴょう・なかま 北小児童会年間の重点:ひともものも大切にする子 仲間のよさをみつけ、自らを高めよう

自己評価書

北小学校自己評価書画像

下記PDFファイルをご覧ください。

いじめ防止基本方針

いじめ防止基本方針をアップしました。下記PDFファイルをご覧ください。

北小学校施設情報

所在地

〒506-0004 高山市桐生町二丁目21

電話
0577-32-0545
ファクス

0577-37-0614

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 学校教育課
電話:0577-35-3154 ファクス:0577-35-3172
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る