エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > くらしの情報 > 国保・後期高齢・年金 > 国民年金 > 国民年金保険料全額免除・一部免除制度


ここから本文です。

国民年金保険料全額免除・一部免除制度

ページ番号 T1000618  更新日  平成29年5月26日

印刷 大きな文字で印刷

制度の内容について

経済的な理由などで国民年金保険料の納付が困難な場合には、申請により保険料の全額又は一部が免除される「保険料免除制度」があります。

市役所市民課、各支所地域振興課または高山年金事務所で受付します。

日本年金機構で審査し、後日ハガキで結果が届きます。

注:申請者ご本人のほか、配偶者および世帯主の方の前年所得を含めて審査されます
注:審査期間中に催告状などが届く場合があります

一部納付制度(4分の3免除・半額免除・4分の1免除)は、制度が承認されても一部納付額を納付されなかった場合は、一部免除が無効となるため、将来の老齢基礎年金の額に反映されませんので、ご注意下さい。また、万が一の時の障害基礎年金や遺族基礎年金を受給できない場合があります。

平成29年度における1カ月の一部納付額について

申請が承認された場合の1カ月の一部納付額は下記のとおりです。

4分の3免除(4分の1納付)

  • 保険料額:4,120円

半額免除(半額納付)

  • 保険料額:8,250円

4分の1免除(4分の3納付)

  • 保険料額:12,370円

このページに関するお問い合わせ

市民保健部 市民課
電話:0577-35-3003 ファクス:0577-35-3164
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る