エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > くらしの情報 > 国保・後期高齢・年金 > 国民健康保険 > 市国保のマイナンバー制度の「情報連携」について


ここから本文です。

市国保のマイナンバー制度の「情報連携」について

ページ番号 T1008900  更新日  平成29年11月9日

印刷 大きな文字で印刷

各種手続きの際にマイナンバーを申請書等に記入することで、皆さまが行政機関等に提出する必要があった書類を省略できるようになります。一般的には、2017年11月13日より順次、添付書類が省略できるようになります。

情報連携とは

「情報連携」とはマイナンバー法に基づき、専用のネットワークシステムを用いて、異なる行政機関の間でマイナンバーをもとに特定個人情報をやり取りすることです。

ご注意ください

マイナンバーによる情報連携(情報照会)は、情報提供者から必要な情報を提供してもらうまでに、今のところ一定の期間を要します。
そのため、マイナンバーを利用した情報連携が即日にできない事や、さらに日数を要する場合もあり、事務処理に大幅な遅れを生じるなどの問題が想定されます。
高山市の国保業務に関しては、情報連携の本格運用開始後もこの問題が解消されるまでの間は、引き続き証明書類等の提出をお願いします。
 

引き続き証明書類の添付が必要な手続き

国保加入
(職場の健康保険をやめた時など)
資格喪失証明書または退職日がわかる書類
※被扶養者に関する手続きについても引き続き証明書類の添付が必要です
国保脱退
(職場の健康保険に入ったときなど)
資格取得証明書または新しい職場の保険証
※被扶養者に関する手続きについても引き続き証明書類の添付が必要です
非自発的失業者に係る保険料軽減の届出
(「非自発的失業者」リストラや倒産などにより離職された方)
雇用保険受給資格者証

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

市民保健部 市民課
電話:0577-35-3137 ファクス:0577-35-3164
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る