エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > くらしの情報 > 福祉・介護保険 > 高齢者福祉 > 認知症の予防・相談


ここから本文です。

認知症の予防・相談

ページ番号 T1007127  更新日  平成28年3月29日

印刷 大きな文字で印刷

認知症は早期発見・治療が大切です

認知症は誰もがかかる可能性のある病気で、いろいろな原因で脳の細胞が死んだり、働きが悪くなったりすることによる脳の障がいで日常生活にさまざまな支障を来してきます。

「おかしいな?」と思ったら早めに相談・受診し、早期に治療を開始することで、病気の進行を遅らせることや症状を軽くすることが可能になります。

気になる症状、心配なことがありましたら、下記のチェックシート「認知症早期発見のための目安」で確認し、早めにかかりつけ医や地域包括支援センターに相談されることをお勧めします。

軽度認知障がい把握事業(あたまの健康チェック)

認知症の前段階と言われている「軽度認知障がい(MCI)」の時期から認知症予防にとりくむことで、認知症の発症を予防することや、認知症の進行を遅らせることができると言われています。

パソコンを用いた検査で「軽度認知障がい」の有無を判別し、認知症予防について健康相談を行います。詳しくは、高山市地域包括支援センターにお尋ねください。

利用料金など

対象者

  • 認知症の診断や治療を受けていない65歳から79歳までの方

利用料金

  • 無料

開催場所

  • 高山市役所本庁の会議室

相談・問合先

高山市地域包括支援センター

      電 話    35-2940

      ファクス   35-3165 

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

福祉部 高年介護課
電話:0577-35-3181 ファクス:0577-35-4884
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る