エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > くらしの情報 > 健康・医療・保健 > 母と子どもの健康 > 小児医療のかかり方


ここから本文です。

小児医療のかかり方

ページ番号 T1000487  更新日  平成27年2月16日

印刷 大きな文字で印刷

小さなお子さんのいる保護者の皆さんへのお願い!

最近、小児の時間外診療が多く、小児科を含めた医師の疲労感が強くなっています。このままでは、小児救急医療が困難になるかもしれません。本当に救急で受診する必要なお子さんは、10パーセント未満ともいわれています。

夜間、休日の病院は、お子さんを含め、入院を必要とする重症患者さんの医療(2次救急)をおこなっています。医師の疲労が大きくなると、地域の重症患者さんの治療が十分にできなくなる恐れがあります。

お子さんのちょっとした体調の変化に対する保護者の方の判断は、大切です。保護者の方の適切な判断で小児救急の利用を減らし、本当に治療を必要とするお子さんが病院で、適切な治療を受けられるよう、ご理解とご協力をお願いします。もちろん、心配な症状の時は時間外でもすみやかに受診してください。

みんなのちからで、地域の小児救急医療を守っていきましょう。

#8000も利用しましょう

休日・祝日・夜間にお子さんの体調が変と思われたときは、#8000の電話も利用しましょう。県総合医療センターの相談窓口につながり、経験豊富な看護師から患者の症状に応じた適切な対処の仕方や受診する病院等のアドバイスが受けられます。

電話番号

携帯電話からは、#8000(プッシュホン回線)
固定電話(ダイヤル回線)からは、電話:058-240-4199

相談は無料ですが、電話料金は相談者のご負担となります。

利用時間

  • 月曜日から金曜日:午後6時から翌午前8時
  • 土曜日、日曜日、祝日、年末年始:午前8時から翌午前8時

ご注意

お子様の症状が明らかに重篤・重症と思われるときは、119番で救急車をご利用ください。

「こどもの急病ガイドブック」・「HP こどもの救急」も大変参考になります。

下記のページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

市民保健部 医療課
電話:0577-35-3177 ファクス:0577-35-3173
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る