エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > くらしの情報 > 届出・証明 > 住民登録 > 住民異動届出


ここから本文です。

住民異動届出

ページ番号 T1000385  更新日  平成29年2月20日

印刷 大きな文字で印刷

住民基本台帳制度の概要

住民基本台帳制度は、市町村において税や福祉、選挙などの行政事務を行うための基礎資料になると同時に、住民の住所に関する届出などの簡素化を図り、あわせて住民に関する正確な記録を把握するために設けられた制度です。
「居住関係を公証するもの」と言われ、住民票の写しが住所・氏名などの証明書として広く利用されています。

平成24年7月の住基法改正により、有効なマイナンバーカード(個人番号カード)または住民基本台帳カード(住基カード)を持っている方が転出される場合には、窓口での手続きの際に「転出証明書」が交付されず、転入先にマイナンバーカードまたは住基カードを持参されれば、転入手続きができるようになりました。その他に、外国人の方も日本人と同様に転出の手続きが必要になりました。

住民異動届の際の本人確認

市では、偽りの届出を防止し、住民の個人情報を保護することを目的として、全ての住民異動届の受付時に届出人の公的機関発行の顔写真付き証明書による本人確認を実施しています。
公的機関発行の顔写真付き証明書が無い場合は、以下に掲げる届出人の氏名などが記載されている証明書のうち2点を確認させていただきます。

  • 健康保険証・年金手帳・介護保険証・社員証又は学生証・キャッシュカード・クレジットカード・預金通帳・診察券など、本人であることが推定できるもの。
  • 本人確認ができなかった場合は、本人宛に届出があった旨を郵送で通知します。

主な住民異動届

転入届(市外から高山市へ)

期間:住みはじめてから14日以内

必要なもの

  • 公的機関発行の顔写真付き証明書など
  • 転出証明書、またはマイナンバーカードや住基カード(いずれの場合も前住所で転出の手続きをする必要あり)
  • 世帯全員のマイナンバー通知カード(マイナンバーカードをお持ちの方はマイナンバーカード)
  • 在留カードまたは特別永住者証明書(外国人のみ)
  • 後期高齢者医療保険証 (対象者のみ)

転出届(高山市から市外へ)

期間:転出することが確定したらあらかじめ

必要なもの

  • 公的機関発行の顔写真付き証明書
  • 印鑑登録証(登録者のみ)
  • マイナンバーカードまたは住基カード(交付されている方のみ)
  • 国民健康保険証(加入者のみ)
  • 後期高齢者医療保険証 (対象者のみ)

転居届(高山市内での引越し)

期間:引越した日から14日以内

必要なもの

  • 公的機関発行の顔写真付き証明書
  • マイナンバーカードまたは住民基本台帳カード(交付されている方のみ)
  • 世帯員全員のマイナンバー通知カード(マイナンバーカードをお持ちの方はマイナンバーカード)
  • 在留カードまたは特別永住者証明書(外国人のみ)
  • 国民健康保険証(加入者のみ)
  • 後期高齢者医療保険証 (対象者のみ)

世帯変更届(世帯主変更、世帯合併、世帯分離など)

期間:変更した日から14日以内

必要なもの

  • 公的機関発行の顔写真付き証明書
  • 国民健康保険証(加入者のみ)
  • 後期高齢者医療保険証 (対象者のみ)

 

マイナンバーカード・通知カードの裏書について

 入学・就職・転勤などによる引っ越しで住所を変更された場合、それに伴いマイナンバーカード、マイナンバーの通知カードの住所も変更する必要があります。住所変更の届け出の際、カードをお持ちください。

届出する方(代理人による届出)

窓口に来庁し「届出する方」と実際に「異動する方」の関係について、下記の場合によって必要書類が異なります。
代理人による届出に際しては特に委任状等が必要となりますので、ご注意ください。

本人又は世帯主

委任状等の要否

  • 上記主な住民異動届中の「必要なもの」のみ
  • 注:法定代理人(未成年者の親権者・後見人)は、その資格が確認できる書類を提示すれば、本人と同様に手続きができます。
  • 本人又は世帯主の公的機関発行の顔写真付き証明書

代理人(異動前後どちらかの同一世帯員)

委任状等の要否

  • 上記「必要なもの」に加えて、下記のものが必要です。
  • 代理人の印鑑
  • 委任状(下記の添付をご覧ください。)

代理人(全く別の住所の方)

委任状等の要否

  • 上記「必要なもの」に加えて
  • 代理人の印鑑
  • 委任状(下記の添付をご覧ください。)
  • 代理人の公的機関発行の顔写真付き証明書

例外的に郵便で届出ができるもの

上記の届出は、開庁日に窓口へ出向いて手続きを行うことが原則ですが、転出手続きを行わずに転出先の住所へ引越してしまった場合など、やむを得ない場合に限って、「転出届」のみは郵便で行うことができます。その他の届出は、理由の如何を問わず郵便では行えません。

郵便での転出手続きは、次の書類を転出地の市区町村「住民登録担当」へ郵送ください。

  • 転出証明書の交付請求書(下記の添付をご覧ください。)
  • 公的機関発行の顔写真付き証明書の写し
  • 切手を貼り宛先を記入した返信用封筒

注:有効中のマイナンバーカードまたは住民基本台帳カードを持っている方は返信用封筒は必要ありません。

高山市から転出される方は次の宛先へ送付ください。

〒506-8555 高山市役所 市民課 住民係

他市町村への転出手続きは下記でお探しください。
全国自治体マップ検索(財団法人地方自治情報センター)

高山市で「マイナンバーカード」または「住民基本台帳カード」の交付を受けている方が転出される場合は、下記の住民基本台帳ネットワークのページもご覧ください。

受付場所・時間

本庁 市民課・各支所 地域振興課
平日 午前8時30分から午後5時15分 問合先 直通電話:0577-35-3496

注:本庁のみ窓口業務の開設時間延長を実施しています

  • 実施日時:平日 午後7時00分まで
  • 土曜日・日曜日・祝日 午前9時00分から正午まで (年末年始を除く)

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

市民保健部 市民課
電話:0577-35-3496 ファクス:0577-35-3164
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る