エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > くらしの情報 > 防災・防犯・消防 > 防災 > 地震の基礎知識 > 岐阜県の活断層


ここから本文です。

岐阜県の活断層

ページ番号 T1000288  更新日  平成27年2月10日

印刷 大きな文字で印刷

日本には、約2000の活断層があり、近畿・中部地区に多く所在し、岐阜県は約100の活断層が所在しています。

国・県・研究機関が調査する主要活断層は、全国で98有り県内に12所在します。岐阜県は活断層の集中地帯で、いつ内陸直下型地震が起きても不思議でないと言われています。

高山周辺の断層

  • 御母衣断層
  • 跡津川断層
  • 牛首断層
  • 池田山断層帯
  • 高山・大原断層帯

飛騨地区の活断層の図

海洋型地震

  • 1707年 宝永地震
  • 1854年 安政東海地震
  • 1944年 東南海地震
  • 1946年 南海地震

内陸型地震

  • 1586年 天正地震(阿寺断層)
  • 1858年 飛騨地震(跡津川断層)
  • 1891年 濃尾地震(根尾谷地震)

このページに関するお問い合わせ

総務部 危機管理課
電話:0577-35-3345 ファクス:0577-35-3174
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る