エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > くらしの情報 > 防災・防犯・消防 > 防災 > 地震の基礎知識 > 震度とマグニチュード


ここから本文です。

震度とマグニチュード

ページ番号 T1000286  更新日  平成27年2月10日

印刷 大きな文字で印刷

マグニチュードは地震の「規模」を示し、震度は地震の「場所ごとの揺れの大きさ」、震度0から7までの10段階で示します。

東海地震が起こると、高山での震度は5強と言われており、その状況は次のとおりである。

  1. 屋内の状況は、棚の食器や本の多くが落ち、テレビが台から落ちることがあり、タンスなど重い家具が倒れることがある。
  2. 屋外の状況は、補強されていないブロック塀の多くが崩れ、多くの墓石が倒れる。
  3. 木造建物の状況は、耐震性の低い住宅では壁や柱が破損したり、傾くことがある。
  4. 鉄筋コンクリートの建物の状況は、耐震性の低い建物で壁や柱などに大きな亀裂が生じることもあり、耐震性の高い建物では壁などに亀裂が生じることがある。
  5. ライフラインの状況は、一部の地域で水道の供給が止まることがある。
  6. 地盤・斜面の状況は、軟弱な地盤で亀裂が生じることがあり、山地で落石や小さな崩壊が生じることもある。

このページに関するお問い合わせ

総務部 危機管理課
電話:0577-35-3345 ファクス:0577-35-3174
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る