エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > くらしの情報 > 防災・防犯・消防 > 防災 > 地震の基礎知識 > 地震のメカニズム 内陸直下地震(内陸の活断層)


ここから本文です。

地震のメカニズム 内陸直下地震(内陸の活断層)

ページ番号 T1000284  更新日  平成27年2月10日

印刷 大きな文字で印刷

岩石の内部にひずみが次第にたまり、耐えられなくなると破壊が起きて発生します。

破壊により食い違いができた面が震源断層で、これが地表に現れたのが地表断層です。この断層が出来ることから地震が発生します。

今後も活動すると考えられる断層を「活断層」といい、500年から1000年の周期で発生し、主な地震には福井地震・濃尾地震・阪神淡路大震災などがあります。

内陸直下型地震が起きる仕組みの写真

このページに関するお問い合わせ

総務部 危機管理課
電話:0577-35-3345 ファクス:0577-35-3174
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る