高山の文化財トップ高山市の文化財民俗文化財>千島白山神社獅子舞


無形文化財


名称 千島白山神社獅子舞
よみ ちじまはくさんじんじゃししまい
市指定年月日 平成2年7月9日
所有者 千島白山神社
所在地 千島町684番地 例祭日4月15日
時代 江戸時代〜
解説  千島白山神社の獅子は、徳兵衛獅子舞を伝承しているもので、曲は「場ならし」から始まり16曲からなる。 
 山王、八幡祭も徳兵衛獅子舞が伝承されていて類似しているが、国指定重要無形民俗文化財「高山祭の屋台行事」として獅子舞も含まれている。 
 徳兵衛獅子舞は、江名子村の松原屋兵助(寛政2年生(1791))の完成した「兵助獅子」が始まりで、松原屋兵助を中軸に結成した兵助獅子連中、社中に伝授された。後に下江名子の兀下徳之助(通称徳兵衛・1856〜1923)が習得した。徳之助は獅子舞の技術に優れ、笛の名手の兄と共に演ずる妙技は賞賛され、徳兵衛獅子と呼ばれるようになり、兄弟でその獅子舞を指導した。 
 徳兵衛は千島白山神社にこの獅子舞を伝え、正当な「徳兵衛獅子」として今に伝承されている。千島白山神社では、獅子舞、囃方に小中学生男女が多数参加して、伝承活動もしっかりとなされ、貴重な獅子舞である。

建造物 美術工芸品 無形文化財 民俗文化財 史跡・名勝 天然記念物 伝建地区
高山市の文化財トップへ トップページへ

高山市教育委員会文化財課
〒506-8555 岐阜県高山市花岡町2-18
TEL 0577-35-3156  FAX 0577-35-3172




ページの先頭へ

ver.1.2

高山市役所 〒506-8555 高山市花岡町2丁目18番地
電話:0577-32-3333 FAX:0577-35-3162 E-mail:kouhou@city.takayama.lg.jp