高山の文化財トップ高山市の文化財民俗文化財>親子獅子舞


無形文化財


名称 親子獅子舞
よみ おやこししまい
市指定年月日 昭和41年1月10日
所有者 飛騨総社
所在地 神田町2丁目100番地 例祭日5月4、5日
時代 江戸時代(19世紀)
楽器 大太鼓1、締太鼓1、笛4
構成員 大太鼓1名、締太鼓1名、笛4名 親獅子2頭4名、子獅子1頭2名
服装 獅子舞方
 獅子ゆたん、同色の腕貫、肌衣、股引、黒たび、甲かけ、わらじばき
囃子方
 黒紋付、白足袋、草履ばき
 全曲奉納所要時間 1時間30分
解説  異色ある獅子舞で、他に例を見ない。文政元年(1818)7月21日、田中大秀が一宮神輿を当惣座(そうざ)森に迎えて?(う)祭を行なったとき奉納した獅子舞が親子獅子で、以後雷獅子・雨乞獅子と呼ばれるようになったといわれる。舞曲には次の9曲がある。
1.巻上げ 魔除けのため町の辻などで舞う。
2.曲 舞曲の最初に舞う。
3.おばこ 前後舞ともいい、背や尾にじゃれる。
4.おちゃえ 後足で立ち上がり、前足に戯れる。
5.竹に雀 坐ったり、逆立ちしたりして、後足に戯れる。テンボ返しという。
6.新版 後足に左右から戯れる。足喰(く)いともいう。
7.ちゃんでこ 獅子頭が後足の肩車に乗り、蛇を探して歩く。
8.高い山 違い獅子といい、交尾のさまを表現する。
9.へんべまむし 蛇を見つけて食い、食休みしてから立ち上がる。 
 以下の曲には獅子舞はつかない 
・道行 神幸中の曲
・下かい道 神輿帰還の際の曲。笛に合わせて「めでた」をうたいながら解散する。

建造物 美術工芸品 無形文化財 民俗文化財 史跡・名勝 天然記念物 伝建地区
高山市の文化財トップへ トップページへ

高山市教育委員会文化財課
〒506-8555 岐阜県高山市花岡町2-18
TEL 0577-35-3156  FAX 0577-35-3172




ページの先頭へ

ver.1.2

高山市役所 〒506-8555 高山市花岡町2丁目18番地
電話:0577-32-3333 FAX:0577-35-3162 E-mail:kouhou@city.takayama.lg.jp